忍者ブログ
または私は如何にして心配するのを止めて兵器を愛するようになったか
[194] [193] [192] [191] [190] [188] [189] [187] [186] [185] [184]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

C571正面 1995年1月17日午前5時46分52秒
 SLやまぐち号の牽引機として広く知られる蒸気機関車C571号機は、検査入場中のJR西日本鷹取工場(神戸市西灘区)で阪神・淡路大震災の瞬間を迎えました。
 ジャッキアップされた状態だったという同機は激しい揺れによりジャッキより転落。ボイラー損傷など致命的とも言える損傷を負い、一時は再起不能と言われていましたが、関係者の努力の結果見事復活を遂げました。
 今日は1・17と言うことで、同年の大型連休期間中に京都市に所在する梅小路蒸気機関車館にて行われていた、C571号機復活のイベントの模様の写真をお送りします。 


転車台1 転車台の上に載せられたC571。定時になるとC571の履歴などを紹介しつつ転車台を回していた。
 C57はC55の改良型として製作された旅客列車用蒸気機関車で、その優れた性能により1937(昭12)年より1947(昭22)年の間に201両が製造され、蒸気機関車時代の末期まで特急・急行と言った優等旅客列車など旅客列車の牽引に使用された。
 ボイラーが比較的細くスマートなその外観から「貴婦人」との愛称でも呼ばれる(が、単純に形式名より「シゴナナ」という些か無粋な愛称も有ったりする)。

転車台2 C571はそのトップナンバー(製造初号機)機で、1937(昭12)年川崎車輌にて落成している。
 新製配置は水戸機関区で、その後千葉機関区を経て昭和29年に新津機関区へ転属している。


転車台3 C571最初の危機は新津機関区時代の1961(昭36)年2月に訪れる。急行「日本海」を牽引中に土砂崩落現場に突っ込み脱線転覆事故を起こしてしまう。
 大破した車体はその後2ヶ月以上現場に放置されていたと言うが、当時は機関車が不足気味だったのと、何より栄えあるトップナンバー機であるとの理由で修理する事が決定され、国鉄長野工場に於ける5ヶ月に渡る修繕の末現役復帰している。

D51200と競演1 転車台を降りたC571は、梅小路運転区構内でデモランを実施した。
 大阪花博で使用した客車に乗客を乗せ構内を往復する「SLスチーム号」を牽引していたD51200号機と並ぶ。


D51200と競演2 D51200と競演3
 両機が並走する演出も為された。

D51200と重連 D51200と重連2
 D51200との重連で「SLスチーム号」を牽引するC571。

ヘッドマークなし1 最後に記念のヘッドマークを外してデモランを実施。
 整備直後で黒光りする車体の美しさが際立つ。



前方確認 C571は1972(昭47)年5月に開催された新潟県村上植樹祭開催の際に、羽越本線にてお召し列車を牽引しており、その時受けた特別整備の名残が現在も各所に見られる。運転窓枠の金枠もその一つ(素材は真鍮かな?)。
 運転窓に装備された旋回窓は、長く雪国に配備されていた名残か?

ヘッドマークなし2 その後C571は佐倉機関区をへて1972(昭47)10月に梅小路機関区へと移動し、以降梅工事蒸気機関車館の動態保存機として過ごしている。
 1978(昭54)年よりは、国鉄線より蒸気機関車が消えてもなお根強く残っていた蒸気機関車運転復活を望む声に押され山口線にて運転が始まった「SLやまぐち号」の牽引機を勤めている。
 その際、同区間にトンネルが存在する事から、煙突上部に集煙装置(トンネル内で煙突上部を塞ぎ煙突よりの排煙を後方に流す事により、トンネルの天井にあたった排煙が運転台付近にまとわりつくのを防ぐ装置)を取り付けるなどの改造を受けている。
 集煙装置自体は、蒸気機関車時代末期より存在していた物で、個人的にはD51等比較的ゴツイ機関車にはむしろ良く似合うと思う物の、C57のようなスマートな機関車に、しかも蒸気機関車時代末期より存在していた同装置より巨大でブサイク(フタの開閉に用いる電車用用のドアエンジンが右側面に飛びたしていて、左右非対称なのが余計に…)なそれを取り付けられているののが些か残念な所。ただし、イベント時などは取り外された状態で運転される事も有る。

給炭線 一日の仕事を終えてピットのある線に入り、火床に溜まったシンダ(石炭の燃え殻)を落としたり、(翌日に運転が予定されている場合は)石炭や水を補給する。
 この作業は通常の「SLスチーム号」に充当されている機関車も実施する。その際には転車台を用い転線するので、その日最終の「SLスチーム号」運転後が最大の見所と言える。

保存機 梅小路蒸気機関車館には、C571以外にも多くの動態/静態保存機が所在している。
 この日はイベントが実施されていると言うことで、その多くを扇形機関庫より少し引き出し撮影がしやすいようにしてあった。


チョ~お召しぃ~ 中でも、DC571号機のかつての「相方」C581号機には、お召し列車用の装飾が為されていた。
 C581は山口線での蒸気機関車復活に際し、C571と共に「やまぐち号」の牽引機に指定されていたが、後年蒸気機関車の保存体制の見直し等により現在は静態保存機として梅小路で過ごしている。
 その隣に居るD511号機は、1115両も生産され本来の貨物用のほか旅客列車にも広く使用され、蒸気機関車の代名詞ともなった「デゴイチ」のトップナンバー機。
 その初期型は煙突直後から続く蒸気溜まりのカバーの形状より「なめくじ」と呼ばれている。

シロクニ スワローエンゼル
(左)庫外にはC621とC622が置かれていた。
 C62は戦後の旅客列車用機関車の不足を補う為(進駐軍の政策により、戦後の一時期機関車の新製が禁止されていた)、貨物用D52の大きなボイラーと、旅客用C59の高速運転に向いた下回りを組み合わせて製造された機関車で、「つばめ」を始めとする特急列車などの牽引にあたった。
 「銀河鉄道999」の牽引機もこのC62(違)。
(右)C622号機のデフレクター(上方への気流を作り出し煙を上方へ導く為の板。排煙板)には、「つばめ」のマークが入っており、「スワローエンゼル」の愛称で親しまれている。


ディーゼル機関車 EF65 F型
 梅小路運転区内に居た現役の機関車たち。 
(左)DE10(前)とDD51(後)ディーゼル機関車。
 蒸気機関車を駆逐したディーゼルだが。電化区間の進捗や旅客/貨物列車の減少により活躍の場は狭められている。
(右)EF65電気機関車。貨物用のタイプのよう。
 こちらも、新型の機関車の配備などにより近年数を減らしている。


 鷹取工場は阪神大震災で受けた痛手もあり、2000年3月に100年の歴史を閉じ、跡地は再開発されている。
 そのため蒸気機関車の整備補修機能は現在梅小路へと移されており、訪問時に作業が実施されていれば一般開放エリアよりその様子を垣間見る事もできる。


 1・17と言うことで、阪神・淡路大震災に関連した話題を…と思い、ストックのポジよりこんな物を引っ張り出してみました。

 最後になりましたが、阪神・淡路大震災の全ての犠牲者の皆様に対し、黙祷を捧げつつ本稿を終えたいと思います。
PR

コメント
無題
あれから13年ですが、思いは褪せる事はありません。。。
震災を経験した身としましては「防災」を常に心がけている・・・つもりですが、なかなか難しく今日に至っています。。。

ところで「蒸気機関車」はまだ実物を見た事が無いのですが、画像を見ていると「軍艦」に似ていますね。。
見てみたくなりました。。。
この「梅小路蒸気機関車館」に行けば見れるのでしょうか?
ん~~行って見たい・・・(。^(ェ)^。)
【2008/01/17 21:03】 NAME[しのびぐま] WEBLINK[URL] EDIT[]
言うは易しで…
防災の備えと言っても、なかなか難しいですよね。
あまり構えずに、とりあえず出来る所から…と言うぐらいの感じがよいのかもしれません。(暢気すぎる?)

> 画像を見ていると「軍艦」に似ていますね。。
言われてみればそうですね。
梅小路は動態/静態各種の蒸気機関車がそっていて、姿かたちもですが、実際に動いている「音」や、石炭の「匂い」なども体感できる施設です。
【2008/01/18 17:52】 NAME[ちゃりんこジョニー] WEBLINK[URL] EDIT[]
はじめまして
すばらしいページですね。参考になりました。写真もすごい。よく撮れていますね。C571の経歴がよく分かりました。また、来ます。
【2008/01/19 12:24】 NAME[たぬきぶた] WEBLINK[URL] EDIT[]
いらっしゃいませ
お褒めのお言葉を戴き恐縮です。
こちらこそよろしくお願いします。

たぬきぶたさんのブログも(少しだけですが)拝見させてもらいましたが、大ベテランさんだったのですね。
両親に連れられてD51が残っていた頃の柘植駅で「きしゃ」を見たのがわりと原初の記憶だったりしますので、加太越えの写真は見入ってしまいました。
【2008/01/19 19:02】 NAME[ちゃりんこジョニー] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
WE DO OUR PART
11/06/09 護衛艦ゆうぎり艦上にて

東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

救援/復旧活動に当られている各機関の皆様御苦労様です。


日本赤十字社
東日本大震災義援金


時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

デジカメ写真 海の部
艦艇一般公開等のアルバムです
*護衛艦「いせ」等一般公開@神戸
海上自衛隊 呉地方隊展示訓練in大阪湾
護衛艦くらま 体験航海&一般公開@名古屋港
ミサイル艇はやぶさ 輸送艦のと 公開@七尾港
護衛艦ゆうぎり名古屋寄港
*2010 伊勢湾マリンフェスタ
*2010 海自阪神基地キッズサマーフェスタ
*2010 海上保安庁観閲式
*護衛艦「やまゆき」公開@堺&護衛艦「さわゆき」公開@神戸
*海保巡視船こじま&みずほ公開@名古屋港
*2009 横須賀グランドイルミネーション
護衛艦ひゅうが公開@横浜
2009 清水みなと祭り
2009 横須賀サマーフェスタ
2009 海自阪神基地キッズサマーフェスタ
2009 第1回名古屋港テロ対策合同訓練
砕氷艦しらせ公開@横須賀
呉基地探訪
横須賀軍港めぐり 他
舞鶴基地探訪
第41掃海隊名古屋寄港
*海自練習艦隊公開@大阪
*護衛艦おおなみ公開@名古屋
*海保練習船「こじま」公開@名古屋
*2008 横須賀グランドイルミネーション
*訓練支援艦「くろべ」公開@名古屋
*潜水艦救難艦「ちはや」公開@堺
*掃海艇公開@松阪
*2008 清水みなと祭り
*2008 海上保安庁観閲式
*輸送艦おおすみ公開@堺
*USCGバウトウェル名古屋寄港
*砕氷艦しらせ公開@名古屋
*日米横須賀基地同時公開
2006 自衛隊観艦式
*2006 護衛艦隊集合訓練@舞鶴

2005 伊勢湾マリンフェスタ
その1
*その2

*ニュージーランド海軍「テ・マナ」他名古屋寄港
*オーストラリア海軍キャンベラ 名古屋寄港
最新コメント
[06/25 Shiba2]
[06/23 Shiba2]
[06/22 Shiba2]
[06/21 Shiba2]
[06/02 Shiba2]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
御来訪多謝
プロフィール
HN:
ちゃりんこジョニー
性別:
男性
職業:
近鉄難民
趣味:
軍ヲタ・鉄ヲタ・アニヲタ
自己紹介:
・主な撮影器材
ニコン D90
ニコン AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VRII
ニコン AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
トキナ AF SD 400mm F5.6
シグマ 170-500mm F5-6.3DG

ペンタックス Optio W90

・主な兵装
AK-47/P-90/89式小銃(以上東京マルイ製電動ガン)
ベレッタM9(KSC製ガスブローバック)

・支持球団
大阪近鉄バファローズ
口上
・当ブログにお越し戴き有り難うございます。
 駄文と駄写真を連ねただけの、暮らしに役立たない情報満載なブログですが、お気楽に御覧頂ければ幸いです。

・コメント及びトラックバックは管理者の承認の後公開されます。

・コメント及びトラックバックのうち、宣伝目的のみで内容を伴っていない物、その他管理者が不適当と判断したものは削除対象です。

2007年7月までの日記は、こちらを御覧ください

・当ブログはリンクフリーですが、宜しければ相互リンクさせてもらいたいので、その旨御連絡いただけると嬉しいです。

・リンク用のバナーも用意しましたので、宜しければお使いください。

快速急行タイプ

区間準急タイプ

ワンマン/普通タイプ

・本ブログの文章及び添付した写真等は私ちゃりんこジョニーの著作物であり、他のサイト・掲示板及びブログ等への無断転載を禁じる。  特に、かつては「中華人民共和国萬歳」現在は「異常な愛情」と言う名のパクりブログを運営している、支那人窃盗常習犯sunbinsiftに対しては強く抗議する。
ブログパーツ置き場











プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表


広告