忍者ブログ
または私は如何にして心配するのを止めて兵器を愛するようになったか
[265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大石神社にて 例によって撮影からだいぶ日にちが経っちゃってますが、家族の観光に付き合って「赤穂浪士」でお馴染赤穂まで行って来た時の写真です。







N700 新大阪まではN700系に乗車。
 初めての乗車だったのですが、なんと言うか(性能的な面はともかく内装は)「普通を突き詰めた車両やなー」と言うのが感想でした。
 ただ、お尻に感覚を集中すると、カーブごとに姿勢制御装置が働いているのがわかる…気がしました(^。^;)

下りこだま 新大阪よりは0系に乗車、ワタシ的にはこれが今回のメインンベント
 6両編成に短縮され山陽新幹線のこだま用に残るのみの0系だが、この3月のダイヤ改正により運用が激減しており、春休みの連休中ということもあり念のため指定席を取ろうとしたのだが、発売日(乗車一ヶ月前)の発売(10:00より発売)後30分後に窓口へ行ったときには既に売り切れていたという…。
 …まさか鉄ヲタが大挙して?? 最終日でもないのにそれは無いよなー? と思いつつ、当該ホームへ行くと、指定席車乗り場付近には各地の基地祭などで見覚えの有る旗に率いられたジジババの一団が…
ファッキン! ナベツネ・ツアーズ!!(^_^;)

0系車内 特に並ぶ事無く自由席車に乗車。
 乗ったのは半室が客室で残りが車販準備室な車両…にもかかわらずこの乗車率なので、結果的に指定席は必要なかったですね。
ありがとう! ナベツネ・ツアーズ!!(^。^;)

車内販売準備室-1 車内販売準備室-2
 車販準備室(と言う言い方でよいのかな?)はこんな感じ、現在は使用されていない模様。

相生駅-1 相生にて下車。
 追い越し設備の有る駅に停車するごとに後続の「のぞみ」または「ひかり」に進路を譲るので、新大阪から相生まで1時間以上かかってます。



相生駅-2 相生駅-3
 相生にて在来線に乗り換える。
(左)下り貨物列車が通過してゆく。牽引するEF66は定期検査上がりなのかピッカピカ。
(右)今度は上り貨物列車が通過してゆく。牽引機はEF210-901…現在量産が続くEF210のプロトタイプ機だった。

相生駅-4 山陽本線岡山方面より相生で折り返しの普通列車(左側)と赤穂線播州赤穂発姫路行き列車が接続中。
 赤穂では山陽本線より赤穂線が分岐している。
 この後大阪方面よりやって来た播州赤穂行き新快速(と言っても赤穂線内は各駅停車)にて赤穂へ向う。


息継ぎ井戸 赤穂に到着。ようやく本題の赤穂レポートです(^。^;)

 写真は「息継ぎ井戸」。
 江戸城内に於いて主君浅野内匠頭主刃傷事件の一方を携え早籠を乗り継いで約620kmの行程を4昼夜半早かけ赤穂へと到着した赤穂藩士早水藤左衛門、萱野三平の両名が、赤穂城を前にこの井戸にて一息継いだ…と言われている井戸。


花岳寺-1 花岳寺-2 花岳寺-3
 花岳寺。
(左)この門は明治6年に赤穂城の西惣門を移築したものだそう。
(中)大石内蔵助の冥福を祈りその母が植えたと言う「大石名残の松」…の2代目(初代は枯死)
(右)この奥が浅野内匠頭主及び「四十七士」の墓所。浅野内匠頭と大石内蔵助のものを中心に義士たちの墓が並んでいる。
 遺骸は江戸の泉岳寺にて埋葬されており(当時は土葬)、当地には遺髪が葬られているのだそう。


赤穂城-1 赤穂城。
 城の建築物などは明治期に殆ど破却されてしまったらしく、現在見られる建築物は殆ど戦後~近年復元されたもののようで、写真の大手門も復元されたもの。


赤穂城-2 赤穂城-3
(左)「当時」から残っている数少ない(唯一の?)建築物がこの大石内蔵之介邸の長屋門。
 建物の大半は享保14(1729)年に火災に遭い焼失してしまったそう。、
(右)長屋門を内側より。大石邸跡地には、大正時代に大石神社が建てられている。

赤穂城-4 大石神社の参道には、四十七士の石像が兵馬庸状態で並んでいた。






赤穂城-5 赤穂城-6
(左)二の丸庭園などの復元工事が行われていた。
(右)赤穂城本丸門。この建物も近年復元されたもの。

赤穂城-7 赤穂城-8
(左)特別に公開されていた本丸門より天守台を望む。
 築城当初は五層の天守閣が計画されていたそうだが、幕府への遠慮や財政難により建築されなかったそう。
(右)天守台より本丸御殿跡地を望む。
 昭和58年まで本丸内には高校が建っていたそうだが、現在は移転し、今は御殿の部屋割り(?)を復元したコンクリートの土台(??)が作られている。

赤穂城-9 赤穂城の外堀。
 何か雨が降って来ましたが、もう一箇所見て回ってきました…

 つづく
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
WE DO OUR PART
11/06/09 護衛艦ゆうぎり艦上にて

東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

救援/復旧活動に当られている各機関の皆様御苦労様です。


日本赤十字社
東日本大震災義援金


時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

デジカメ写真 海の部
艦艇一般公開等のアルバムです
*護衛艦「いせ」等一般公開@神戸
海上自衛隊 呉地方隊展示訓練in大阪湾
護衛艦くらま 体験航海&一般公開@名古屋港
ミサイル艇はやぶさ 輸送艦のと 公開@七尾港
護衛艦ゆうぎり名古屋寄港
*2010 伊勢湾マリンフェスタ
*2010 海自阪神基地キッズサマーフェスタ
*2010 海上保安庁観閲式
*護衛艦「やまゆき」公開@堺&護衛艦「さわゆき」公開@神戸
*海保巡視船こじま&みずほ公開@名古屋港
*2009 横須賀グランドイルミネーション
護衛艦ひゅうが公開@横浜
2009 清水みなと祭り
2009 横須賀サマーフェスタ
2009 海自阪神基地キッズサマーフェスタ
2009 第1回名古屋港テロ対策合同訓練
砕氷艦しらせ公開@横須賀
呉基地探訪
横須賀軍港めぐり 他
舞鶴基地探訪
第41掃海隊名古屋寄港
*海自練習艦隊公開@大阪
*護衛艦おおなみ公開@名古屋
*海保練習船「こじま」公開@名古屋
*2008 横須賀グランドイルミネーション
*訓練支援艦「くろべ」公開@名古屋
*潜水艦救難艦「ちはや」公開@堺
*掃海艇公開@松阪
*2008 清水みなと祭り
*2008 海上保安庁観閲式
*輸送艦おおすみ公開@堺
*USCGバウトウェル名古屋寄港
*砕氷艦しらせ公開@名古屋
*日米横須賀基地同時公開
2006 自衛隊観艦式
*2006 護衛艦隊集合訓練@舞鶴

2005 伊勢湾マリンフェスタ
その1
*その2

*ニュージーランド海軍「テ・マナ」他名古屋寄港
*オーストラリア海軍キャンベラ 名古屋寄港
最新コメント
[06/25 Shiba2]
[06/23 Shiba2]
[06/22 Shiba2]
[06/21 Shiba2]
[06/02 Shiba2]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
御来訪多謝
プロフィール
HN:
ちゃりんこジョニー
性別:
男性
職業:
近鉄難民
趣味:
軍ヲタ・鉄ヲタ・アニヲタ
自己紹介:
・主な撮影器材
ニコン D90
ニコン AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VRII
ニコン AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
トキナ AF SD 400mm F5.6
シグマ 170-500mm F5-6.3DG

ペンタックス Optio W90

・主な兵装
AK-47/P-90/89式小銃(以上東京マルイ製電動ガン)
ベレッタM9(KSC製ガスブローバック)

・支持球団
大阪近鉄バファローズ
口上
・当ブログにお越し戴き有り難うございます。
 駄文と駄写真を連ねただけの、暮らしに役立たない情報満載なブログですが、お気楽に御覧頂ければ幸いです。

・コメント及びトラックバックは管理者の承認の後公開されます。

・コメント及びトラックバックのうち、宣伝目的のみで内容を伴っていない物、その他管理者が不適当と判断したものは削除対象です。

2007年7月までの日記は、こちらを御覧ください

・当ブログはリンクフリーですが、宜しければ相互リンクさせてもらいたいので、その旨御連絡いただけると嬉しいです。

・リンク用のバナーも用意しましたので、宜しければお使いください。

快速急行タイプ

区間準急タイプ

ワンマン/普通タイプ

・本ブログの文章及び添付した写真等は私ちゃりんこジョニーの著作物であり、他のサイト・掲示板及びブログ等への無断転載を禁じる。  特に、かつては「中華人民共和国萬歳」現在は「異常な愛情」と言う名のパクりブログを運営している、支那人窃盗常習犯sunbinsiftに対しては強く抗議する。
ブログパーツ置き場











プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表


広告